瓢箪言葉のつれづれ

「百日白(さるすべり)」

長崎の昼しずかなる唐寺や 
おもひいづれば白きさるすべりの花 斉藤茂吉

興福寺の山門を入ると正面に斎藤茂吉の歌碑があります。
この歌碑の建立にあわせて、長崎市が白のさるすべりを植樹したのはもう50年以上も前のこと。
もともと境内の黄檗池のそばに大きな薄紅色の百日紅(さるすべり)があって、茂吉はこれをうたったのではないかと言われています。

百日紅は紅の濃淡色が本来の色。開花時期が百日間ほどあるので、百日紅と書き、「ヒャクジツコウ」と読みます。白色は珍しく、百日白で「ヒャクジツハク」といいます。
木の幹の肌がツルツルしているので、木登り上手な猿でさえ滑り落ちる?というところから「さるすべり」ともよびます。

さだまさし氏の小説「解夏」でも紹介されて依頼、さだファンや解夏ファンの方が、今でも訪れることもしばしばです.
映画「解夏」では興福寺が撮影現場となり、境内の百日白もエキストラとして登場。しかし、撮影当時は開花時期ではなかったため、造花を木に結んでの撮影。それ以来、花のつきが悪くなってしまいました。
その理由は,さてはて



◎興福寺の動画は下記でご覧になれます。
https://www.youtube.com/channel/UCVLP7ZjT2kXlQts0DGjNZKQ
◎インスタグラム
https://www.instagram.com/kofukuji_nagasaki/

瓢箪お知らせ

興福寺住職の本 詳細>>

興福寺住職が作法本を上梓

8月30日、興福寺住職松尾法道著「龍が住む赤寺の教え「運気の代謝」があがる!日常作法のコツ」が文藝春秋より出版されました。(\1,350+税)。
 

「この本には生活習慣や心の整え方、人や仏さまとのおつきあいまで、
日常作法について53のコツがのっています。パラパラとめくってみて、心にとまったことばがあったらそれは、あなたの運気をあげるヒントです。」カバー推薦文  
  
◎本誌には龍が運を呼ぶ興福寺の願掛け、御朱印つきで全国書店、
 電子書籍、Amazonでも発売中。

◎「文春オンライン」(http://bunshun.jp/)にも関連記事掲載。
 
◎女性誌「CREA」のWEBサイト(http://crea.bunshun.jp/)で、
本の紹介記事を掲載(8/30公開予定)

どうぞ皆様、一家に一冊、お子様、お孫様にもそれぞれ一冊お備えくださいませ。

◎ちなみに、表紙の女性は島原の猪原金物店のお嬢様です。
偶然ですが、この金物店も龍伝説のあるお店です。

◎◎お陰様で、9月27日重版決定いたしました。
全国書店、アマゾンで発売中です。
折りたたむ